『足首の捻挫はいずれ腰痛になるかもしれない』

先日初めて来た患者さんは数年前から腰痛で困っていました。

整体は初めてで、いつもは安価なリラクゼーションに行きなんとか生活してきました。
うちの店は以前から知っていたそうですが、今一つ一歩を踏み出せずにいました。

『どうして今回行こうと思われたんですか?』と聞いたところ、
いつも言っているマッサージでも楽にはなっていたが、
ここのところ以前よりも楽になる期間が短くなってきて、
さすがに根本から改善させないとだめなのかと思われたそうです。

まず検査をしていて一番気になったところが、
右の足首が異常に内反していたことです。(内側に曲がっている状態)

聞いたら、20代後半の時にひどい捻挫をしてしまい、
それ以来よく足が躓きやすくなりました。

この方は30代後半で、腰痛が出始めたのが30代前半です。

もしかしたらこの人の腰痛はこの足首も原因になっているのではと思い、
詳しく見てみると、右足首が内反していて、アキレス腱がつられてねじれて硬くなっており、
続いて、ふくらはぎ、ハムストリング(もも裏の筋肉)、殿筋が張っていて
そして、骨盤の捻じれが明らかでした。

よく足首の不安定さが原因で腰痛になったりします。
身体はどこか不安定な部分があると、それをほかの場所がかばおうとします。
筋肉は自分の仕事もありますので、ほかの筋肉をかばえばあたりまえですが
疲れてしまいます。

まだまだやってみないとわかりませんが、
この方の腰痛はまず足から変えてあげる必要があると思いました。

とりあえず、1クール(6回)を目安に治療をしてみことになりました。
また結果はお伝えしたいと思います。