以前右手のしびれで来院されたことがある60代男性の方が久しぶりに来院されました。

調子を伺ったところ今度は左足がしびれるような痛みが出てきてしまったよう。

うちに来られる前に病院に行って検査をしたところ背骨と背骨の間が狭くなっていてそれが原因ではないかと言われました。

 

t02200136_0415025613550478161

このようなケースは非常に多くみられます。上の画像のように背骨と背骨の間には椎間板というクッションがあり、

その間より神経が出てきます。何らかの原因で椎間板がうすくなってしまうと神経が挟まれ、痛みやしびれといった症状が現れるものです。

何らかの原因とは、単純に年齢のせいもありますが、姿勢が悪かったり、背骨や骨盤のゆがみを放置していたり、重いものを持つ職業で背骨に負担をかけたなどが挙げられます。

 

こういったケースはもう手術でしか治らないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

ゆがみを整えたり、背骨付近の筋肉の硬さを取ったり、背骨の関節をの動きを回復させたりすれば、痛みやしびれはちゃんと消えてくれます。

 

そして、最も大事なことは症状を治すこともそうですが、これ以上進行させないことです。
まだこの方は完全に椎間板がなくなっていません。これが完全に椎間板がなくなってしまうとさすがにお手上げです

(それでもやれることはありますが)。

 

そうならないためにも今のうちにできるだけ身体を治したいところです。

過去、病院で同じことを言われた方で、改善しなかった人はほとんどいません。

なので、あきらめずに一度ご相談ください。